iOSアプリとMacアプリがアフィリエイト報酬対象外になりオワコン化

どうも!会社を辞めたいJavaプログラマ、函南助教授ことカンナミユート(@yuuto_kannami )です。

iOSアプリとMacアプリがアフィリエイト報酬対象外になりオワコン化

AppleのApp Storeアフィリエイトで、2018年10月1日からiOSアプリとMacアプリがアフィリエイト報酬対象外になってしまいましたね。

スポンサーリンク


目次

App Store アフィリエイトプログラムの変更について

App Storeのアフィリエイトプログラムにご参加いただきありがとうございます。新しいiOSとmacOSのApp Storeの開始により、Appの見つけやすさが一段と向上しました。これに伴いまして、Appがアフィリエイトプログラムの対象から除外されることになりました。2018年10月1日以降、iOSとMacのAppとApp内コンテンツは、アフィリエイトプログラムの報酬対象外となります。音楽、映画、ブックなど、その他の全てのコンテンツは、引き続きプログラムの対象です。

Affiliate Program App Store Updatesより

要約すると、「新しいApp Storeの検索が超使いやすくなったから、あなた達に紹介してもらう必要なくなったよ!」という話ですね。いきなり全カットとは、中々やってくれますね。

iOSアプリとMacアプリの紹介サイトには大打撃

iOSアプリとMacアプリのアフィリエイトを主軸として運営してきたサイトは数多くありますが、これは大打撃ですね。

私のもう一つのブログ「函南助教授の音遊び」でも、Logic Pro XとFinal Cut Proの売り上げは中々良かったので、非常に残念です。まぁ、Logic Pro XとFinal Cut Proの分くらいは余裕で回収したので良しとしよう。

今回の件からも分かるように、ブログで稼ぐ場合は、収益を分散化させることが非常に重要です。そうすれば、例え一つの収入源が消滅してしまっても、他は稼いでくれる訳ですからね。そして、また新たな収入源を増やしていけば良いのです。

スポンサーリンク