法人としてAppleに見積書を発行してもうには電話対応のみ

どうも!会社を辞めたいJavaプログラマ、函南助教授ことカンナミユート(@yuuto_kannami )です。

法人としてAppleに見積書を発行してもうには電話対応のみ

会社(法人)でApple製品を購入する際、見積書が必要になることがあります。今回は、私が実際に法人としてAppleに問い合わせて、見積書を依頼した詳細をサクッとご紹介。

スポンサーリンク


法人としてApple製品の見積書依頼は電話対応のみ

電話対応

まず結論から言うと、法人としてApple製品の見積書を依頼する方法は電話対応しかありません

Apple製品見積依頼

最初、電話で口頭でやりとりするの嫌だったので(エビデンスが残らないから)、チャットで問い合わせたのですが、生憎チャットは個人のお客様のみの対応のようです。個人だと、チャットOKなのに、何故法人だとチャットが出来ないのか。。。

お電話でのお問い合わせ:0120-995-995(Apple Store法人営業部直通)

Appleより

電話対応の手順

メモ

1.音声メッセージが対応

電話をかけると、まず音声メッセージが対応してくれます。そして、いくつか質問を受けるので、キーパッドで操作していきます。キーパッド操作後、オペレーターに接続してくれます。

ちなみに質問は「既にオペレータの電話番号を知っているか」や「何の製品についての問い合わせか(Mac・iPhone・iPad・Apple Watchなど)」などでした。

混雑してると問答無用で切られる

ただし電話が混雑してると、「混雑しているので、時間を置いてからおかけ直しください」と言われ、問答無用で電話が切られます。朝10:00くらいからかけ始め、30分おきにかけ直しましたが、6回問答無用で切られました。

オペレーターに繋がるまで20分

7回目にやっと、「オペレーターにお繋ぎしますので少々お待ちください」と言われ待つことに。待っている間は、電話口から洋楽が流れます。そして、1曲が終わるごとに「もうすぐつながるのでもう少々お待ちください」的なメッセージが続きます。

最終的に20分ほど経ってオペレーターにつながりました。その間流れた洋楽は4曲ほど。

2.オペレーターが対応

オペレータ対応後は普通の電話です。見積書依頼したいことを伝えると、必要情報を質問されます。

電話前に用意しておいた方が良い項目

  • 会社名
  • 会社の住所
  • 会社の電話番号
  • 見積依頼者氏名
  • 見積依頼者につながる携帯電話番号
  • 見積依頼したいApple製品(カスタマイズ内容含む)
  • メールアドレス

漢字や英語のスペルの確認をされるので、口頭で答えられるようにしておきましょう。また、見積依頼したいApple製品はカスタマイズ内容含め全て口頭で説明しなければいけません。あらかじめ準備しておきましょう。

メールアドレスの受信確認

口頭ですので、メールアドレスに間違いがないかを確認するために、オペレータの方がテストメールを送ってきます。

受信確認がすぐにできるようにしておきましょう。

函南助教授のあとがき

Appleの対応はチャットも電話もとても丁寧です。しかし正直、なぜAppleが電話対応(口頭ベース)しかないのとは思います。メールアドレスを口頭伝えるのとか、本当スマートじゃない。せめてチャット可にしていただきたいと感じました。

スポンサーリンク