MacにPleiades(Eclipse)をインストールする方法

どうも!会社を辞めたいJavaプログラマ、函南助教授ことカンナミユート(@yuuto_kannami )です。

MacにPleiades(Eclipse)をインストールする方法

MacにPleiades(Eclipse)をインストールする方法をサクッとご紹介!

スポンサーリンク


目次

EclipseとPleiadesの違い

Pleiadesのインストールの前に、EclipseとPleiadesの違いについて解説しておきます。Pleiadesとは、Eclipseを誰でもすぐに使える状態でインストールしてくれるパッケージのようなものです。Eclipseを単体でインストールするよりも、下記のような特典があります。

  • Eclipseの日本語化をしてくれる
  • JDKの設定などを自動でやってくれる
  • 便利なプラグインを一緒にインストールしてくれる

他にも色々あるので、特に理由がなければ、EclipseではなくPleiadesをインストールすることをオススメいたします。

MacにPleiadesをインストールする方法

では、早速MacにPleiadesをインストールしていきましょう。

Pleiadesの公式サイト

まず、Pleiadesの公式サイトにアクセスします。

Eclipseのバージョンを選ぶ

Mac pleiades install 001

次にEclipseのバージョンを選びます。特に理由がなければ最新のバージョンを選んで良いでしょう。私も、最新版のEclipse 4.8 Photonをインストールします。

Pleiadesをダウンロードする

Mac pleiades install 002

そして、Pleiadesをダウンロードします。Full EditionStandard Editionがありますが、こちらも特に理由がなければFull Editionを選択しましょう。

Pleiadesをインストールする

Mac pleiades install 003

Eclipseのインストールは、他のMacアプリと同様で、Eclipse.appをApplicationsフォルダにドラッグ&ドロップするだけです。

Eclipseを開く

EclipseはAppleによる開発者確認が取れていないアプリなので、初回はダブルクリックでは開くことが出来ません。右クリックして開くを選択しましょう。

Macで「開発者が未確認で開けません」と出た時の対処法

再び開くを選択します。この画面は初回の一回しか表示されないし、次回からはダブルクリックで開くことが出来るので安心して下さい。

Mac pleiades install 004

ワークスペース名を決めて起動します。ワークスペース名は任意ですが、問題なければworkspaceのままで良いでしょう。

Mac pleiades install 005

Eclipseが立ち上がれば完了です。

スポンサーリンク